京都・洛中日記

内側から見た京都をご案内

京言葉、教えます

久しぶりの更新です。今回は京言葉について。

f:id:rakutyuhime:20191027230059j:plain

 京都の言葉。これは結構難しい。京都弁と言っただけで怒る人もいる。弁は田舎の方言という意味合いがあるから(といっても年配の人ぐらいですが)未だに地方扱いされる事を良しとしない京都中華思想文化庁の地域創生本部という名称もこれに関係があるのかもしれません。

 近畿圏に共通することですが、いくら東京弁が全国に幅を利かせていても言葉だけはこっちの方が上等だいう意識があるのかもしれません。

 

 京言葉はアクセントがとても大事でして、アクセントが少しでもずれると滅茶苦茶になってしまいます。京都が舞台のドラマや映画を見ていて、違和感を覚える事があるのはちょっとしたアクセントの間違いに主な原因があります。

京言葉というと舞妓、芸妓(げいこ)さんが使う「おいでやす」等を想像する方も多いかもしれませんが、あれは花街言葉でして、京都市民の日常語とは少し異なります。私が普段話す京言葉は洛中の中京ことばに分類されるものになります。

 

 私の地元の通り名を例にしますと、東洞院は「“ひ↑”がしのとういん」に高アクセントがきて、西洞院は「にし“の↑”とういん」に高アクセントがきます。同じ通り名関連ですと、七条は最近だとほとんど「ななじょう」という言い方をする人が多いですが、本来は「しちじょう」「ひちじょう、ひっちょう」という言い方が正しい。かつて京都駅は「ひっちょうステンショ」と言われていました。上七軒も「かみひちけん」であり、質屋も「ひちや」「shi」は本来京都にはない音韻なのです。

江戸っ子の人が「ももひき」を「ももしき」というようなものと思って頂ければいいです。

 

では同じ上方言葉であるお隣の大阪弁と違いを比べて見ましょう。

 

 大阪では私の事を「わて,わい」と言いますが、京都では「あて」

 せやねんという大阪に対し、京都はそやねん。

 “~だす。~だっせ”の大阪弁に対し、京都=“~どす。~どっせ”形容詞肯定文は~おす。になります。

 

 ~はるの使い方ですと、大阪は「かきはる、よみはる」「しはる、きはる」になるのに対し、京都は「かかはる、よまはる」「しやはる、きやはる」

 〇〇さんなら帰ったで”の大阪弁に対し、〇〇さんなら帰らはったで”となるのが京言葉。昔話の桃太郎はどんぶらこではなく、京都ではどんぶりこと言う。

 今ではもう年配の人しか日常的に使わない「いてさんじます」は「行ってきます」帰ってきたら「いてさんじました」という。他にもたくさんありますが長くなりすぎるので割愛。

 さすがに今ではほとんど見られませんが、私の生まれ育った洛中では、下京と上京で微妙に違いがあったそうで、かつて農村だった嵯峨野にも独自の方言があったのだとか。

 

 京都で育つと言い方ひとつできつい言い回しに聞こえる事があります。例えば、「おい、〇〇くれ」は傲慢無礼に聞こえてしまう。他の地域の方ならなんて事のないごく普通の言い回しなのでしょうが、こんな事を思ってしまうのも日本人少数派京都人ならではだなと思います。

祇園祭と京アニと

f:id:rakutyuhime:20190804220910j:plain

元号が令和に変わって最初&創始1150年となる記念すべき祇園祭

f:id:rakutyuhime:20190804221232j:plain

前祭山鉾巡行は、昨年の猛暑と比べれば幾分かマシな天候で晴れた空の下で無事に行われました。後祭山鉾巡行では鷹山が193年ぶりに復活! 令和最初の山鉾巡行で唐櫃巡行という形で復活し、2022年には本格的に復帰する予定です。時代が合理化ばかりの進む中、京の伝統が本来の形通りに戻りつつあるのはとても嬉しいことです。

 

 

祇園祭の話題を続けたいところですが、どうしてもこの件について触れないわけにはいきません。京都アニメーションに対する卑劣なテロです。

京都の伝統、文化とともに誇るべき京アニの多くのスタッフがこのような理不尽な暴力によって命を奪われた事は筆舌に尽くしがたいものがあります。

 

 私は中二病でも恋がしたいからたまこまーけっと等をリアルタイムで視聴し、涼宮ハルヒの憂鬱けいおんは後追いですが、これも視聴しました。

作品でも地元が登場したりして驚いたものですが、なかでも劇場版の「たまこラブストーリー」は印象に強く残った作品でして、高校時代恋愛をしていた方は特に見てほしい作品。フレンチ映画のエッセンスをちょっと入れて、アニメ映画だけどどこかファッショナブル。

レコード屋「星とピエロ」のマスター(たまこの父,豆大と一緒に高校時代バンドを組んでいた)が渋くて、哲学を語るみたいにたまこに話すシーンを見ると、実際そういう人がこの町にいたりするから、共感できたりする。京アニの人物描写は私の中にもうひとつの違う視点の京都を与える。多義性のある京都は、今でもどこかツンと澄ました表情を隠し持っている。

 

たまこまーけっと」の舞台となった京都市上京区にある出町枡形商店街はそのモデルとなった場所ですが、「変わらずここにいます」という出町枡形商店街のメッセージに私は京都人らしさを感じた。私にも深く浸透する言葉で、代々京都に住み続けてきた人間にとって変わらずここにいる、住まう、暮らすというこの当たり前の京都が何よりも私にとっての至福のひとつだと気づかされたメッセージだった。自分の頭の中、掌にある当たり前の京都に変わらずいたいのだと思う。同時に変わらず居続ける事も今の時代難しい事ではありますが。

 京都人は応仁の乱にはじまり禁門の変明治維新東京奠都,大火や災害と幾つもの危機を乗り越えてきました。

 京アニが不死鳥のごとく復活するのを心から願っております。

京都は音楽の都だった!?

 京都は音楽の街である。こういうとピンとこない人もいるかもしれませんが、京都は学生の街ということもあり、学生サークルから生まれるバンドが多い。

あ、この人も、このバンドも京都だったのかというのも今でもあったりします。

 楽器店や街なかにビジュアル系のバンドマンや貧乏くさいフォーキーな人がいても、舞妓・芸妓さん、修行僧という極端な存在がいるから、心置きなくけったいな存在に触れることができるのです。

 私の地元ですと、富小路仏光寺にある磔磔(たくたく)、寺町四条の都雅都雅(とがとが)。さらに大宮下立売にある拾得(じっとく)、クラブ/ライブハウスではMETROなど名ライブハウスがあり、日本唯一の自治体直営の京都市交響楽団京響)、最近では立命館大出身のくるりによる京都音楽博覧会京都大作戦などのイベントとロックからクラシックに至るまで京都は音楽を知ることができる環境に恵まれているといえます。学生の街、自治文化が一体となって京都独自の濃密な音楽文化を形成しています。

 

 ミュージシャンの素養がある人なんていくらでもいると私は思う。例えば子供の頃にピアノやバイオリンを習っていれば、譜面は読めるしそれなりに作品も作ろうと思えば作れる。私は3歳からピアノを習っていましたが、先生に演奏、楽曲との向き合い方、譜面の読み方も含め、熱心にご指導して下さったので、(譜面は落書き帳なんてまさに)というのも幼い私にわかりやすい教えでした。このようなフォーマットがあれば、少なくとも音楽を始める事はできます。鼻歌だけで名曲を作れたり、少し聴いただけでKeyやコードがわかったり、絶対音感があったり……

 本人が気づいていないところでそれを隠しもったまま、生活をしている。ミュージシャンとして生計を立てる事を選ばなかった人間はきっとそうやってミュージシャンとして生計を立てている人を嫉妬させることがあるのかもしれない。それは音楽を作り続けるうえで苦悩する道を選ばなかったという意味もあるから。

  学生時代、私は少しの期間だけバンドをやっていて、ピアノをやっていた事もあり、演奏はそれなりにできましたが、バンドはあくまで狭い枠内のみで一部はプロになってもいいという志向があったけど、デモを送っただけで(私が送った訳ではないけど)終わった形でした。プロにならなかった,目指さなかった理由はたくさんありすぎてここでは省く事にします。

令和の幕開け京都新時代に向けて

 5月1日平成が終わり、令和の時代がスタートした。

 

 即位の礼は今年の10月東京にて行われる。この即位の礼明治維新による東京奠都により衰退しかけた京都に旧皇室典範第11条において、「即位の礼大嘗祭は京都で行うという規定があり、昭和天皇まで即位の礼が行われていました。しかし、現在の憲法になって以降、平成も令和も東京で行われる事になり、京都御所ではお茶会が開かれるだけにとどまっています。私も最近知ったのですが、平成元年にワコール創業者の塚本氏を中心に大嘗祭だけでもと譲歩する形で京都財界、文化人を中心に誘致する運動があったそうですが、京都市民の間ですら一部でしか盛り上がらなかったのが現状だったそうです。以前、ブログ記事でも書きましたが、これは京都という都市の多義性のひとつになっている。かつて京都=王城の地だったのが、天皇、御皇室ですら、その側面のひとつにすぎないということなのかもしれません。

 そして、現在あるのは双京構想という両都制を目指す構想があります。明治維新で江戸が東京と改められ、東西両京になったものの、現在まで東京一極集中が続いているままとなっています。即位の礼大嘗祭を京都に戻すというのは警備上の問題が一番にあるわけですが、京都側の行政の対応とビジョンが不明確な点をどうするか本気で京都で行っていただきたいというのであれば、市民、府民に理解を広げ、財界だけでなく、寺社、町衆の意見も積極的に取り入れる事も必要です。

 儀典都市・京都の復活は文化庁京都移転よりも時間と労力が必要になるでしょう。

 しかし、それを行うのはまずは失いつつある都市民としての自信をもう一度見つめ直す事も大事かもしれません。

 

 2000年に京都市は四半世紀のビジョンを纏めた「京都市基本構想」を発表。以降、これに沿って具体的基本計画が設定されています。全文を「私達京都市民は~」で通してあり、簡単に説明しますと、京都市民よもっと自信を持ちましょうという内容です。私が幼少の頃に既に市民が自信を失いかけているのを各界から選出された委員の皆が認めたという事にもなります。そして京都の得意とする目利き、極み、巧み、始末の文化etcを再確認し改めて身に着けてこれまで以上に他所からやってきた人をあっと言わせたいのです。そんなに力まなくてもいいのにと思いますが、これもまた京都人のプライドなのかもしれません。

困った人達だなと呆れられるかもしれませんが…

 

 30年ほど前に京都の都市ビジョンは日本の文化首都を目指すという形が考えられ、2016年に文化庁京都移転が決定。以前の記事にも書きましたが、名ばかりの文化首都になるのではなく、伝統を守りつつ、新しい文化が躍動し、絶えず外に向かって情報発信ができる都市。

未来の京都も様々な要素を持った都市であってほしいと思います。

平成という時代は何だったのか?~私的な音楽~

 平成最後の記事は音楽関連。

  ボブ・ディランの「時代は変わる」を出すまでもなく、時代は常に変わり続ける。

 私は生まれたのが遅すぎて平成の一番いい時代、とりわけ音楽が盛り上がっていた時代をリアルタイムで知らない。小沢健二スピッツやMrChildrenの全盛期も皆後追いだ。だから音楽に関しては遅れてやってきた世代という感じがしてしまうのです。

2000年代半ば歳の離れた姉の影響により、私もクラシック以外の音楽に興味を持ち始め、ロック、ポップスを知るようになる。

 基本的にロック、とりわけポップスは通俗的で卑しい部分がある。しかし、そのある種下世話な部分に魅力があるのも事実。名曲にはそして、音楽が始まるというイントロに秘密が隠されている気がする。

 

 埋め合わせの時代というものが色濃くなった平成。特に2010年代はそうで、段々といい意味ではジャンルレスになり悪い意味でどっちつかずな状況になった印象がある。例えばロックフェスにもアイドルグループが出演するのも珍しくはなくなり、アイドル、アニソンにえ? この人が書いたの!?というのもあったりします。ロックの場合、大衆芸能とは本来ほど遠いもので、作り手のエゴ、聴き手の振れ幅に制約を設けないところに良さがあり、それがポピュラリティから遠い理由なのかもしれません。

 

私が選んだ平成の名曲…たくさんありすぎるので5曲に絞るのは結構時間がかかりました。独断すぎる5曲ですが、自分史の反映と自己投影化によってもたらされたものなのでご勘弁願えればと思います。

 

「ロビンソン」Spitz

最初この曲を聴いたとき、ロビンソンという歌詞が出てこないと些末な事を思ったりしましたが、時代と聴く人を選ばないタイムレススタンダードな一曲。聴き手にノスタルジーを世代を問わず、懐かしさやここではないどこかへという感覚を抱かせる。

ロビンソンという冒険小説のようなタイトルに本当の意味が意味をなさなくさせるようなユートピア。歌詞だけを見るとジェンダーレスでキュートでダークさを感じちょっと怖いくらい。ここまで明確に少女性を表現できる人は他にいない。

 

「KYOTO」JUDY AND MARY

 京都人としてはこの曲をやっぱり選びたいものです。両親の世代であれば、「京都慕情」「北山杉」かもしれませんが、昭和世代ではない(といってもこの曲もリアルタイムではしらない)のでこちらに思い入れがあります。地元の人間の感覚と旅で京都に来た両方の視点があり、桃色の宴よ桜の花よ~と曲と詞を見ますと祇園東山区的京都)を描いているように思えます。ギターのTAKUYA氏(実家は洛中の喫茶店)は変態性を感じさせるぐらいの名プレーヤー。屈折した方向性が多くの名曲を生んだ。

 

「ばらの花」くるり

反対にこちらは学生的京都。実際、立命館大のサークル出身であるくるりは学生バンドの延長線上に今の活動があるわけですが、安心な僕らは旅に出ようぜ~思い切り泣いたり笑ったりしようぜというリフレインとフルカワミキのコーラスが華を添える。

初期衝動を経たうえで冷静な考察に至る時期に生まれた曲は、花というものを主題として名曲を生み出した。ロックというものをジャンルレスに捉え、最近ではクラシックにも活動幅を広げとことん追求するというのが京都人気質を感じさせます。

 

 

「プールの青は嘘の青」

「こどなの階段」   南波志帆の名曲を2曲選びました。

両作品とも提供者のソングライティングの上手さが光る。

「プールの青は嘘の青」はキリンジ堀込高樹氏による作品としてはちょっと爽やかすぎるのではと思った人もいるかもしれません。歌詞から連想されるのは郊外、田舎にある学校。より一層ブルーが際立つような空と濁りのないプールの水。その情景に照らし合わせて、描かれるこの世代でも持つ女の子の陰湿さを少し隠しながら十代の少し身勝手な空想と純粋さ。シンクロする両義性は心地いい余韻を与えてくれる。

 

「こどなの階段」BaseBallBear小出祐介氏が作詞、サカナクションの山口一郎氏作曲。どこか太宰治の「女生徒」的な危うさと永遠に続かない青春の一瞬が混ぜられた多面性がエレクトリカルに響く。大人でも子供でもないという微妙に揺れ動く時期を表現し、制服、自転車二人乗り、ゼッケンというワードを散りばめながら最後は大人になりたいという展開にもっていく歌詞も文学的で見事。当時10代だった私に深く印象に残ったのでした。

 

京都と政治と、

統一地方選選挙カーうるさい)の時期。京都の主な問題は観光公害と都市交通問題です。

東山・祇園を中心にゴミのポイ捨てや私有地に許可なく入り撮影。訪日観光客による深刻なマナー違反が目立っている。(これは京都だけではなく日本全体の問題です)

 これに業を煮やし祇園町協議会が市長に直談判する事態となっている。これだけではなく、違法民泊や白タクといった問題もあり、より一層厳しい取り組みが求められています。このブログでは散々取り上げていますが、京都は決して観光都市ではありません。わずか1割の市民を食べさせているだけに過ぎないし、観光だけは絶対にやっていけないのです。観光公害をほっておけば、より京都市から離れる住民も増え衰退を招きかねないという強い危機感を市民も行政も持たなければなりません。私は観光そのものを否定しないが、行政の過剰な観光を売りにするやり方には疑問を覚えます。これから先を見据えて脱・観光都市を目指してみては?

 思うようにいかない京都に辛辣な京都批判をするのは何を隠そうそこに住む京都人自身なのです。そんな様々な問題を抱える京都ですが、政治に関してはつかず離れず。どこかずる賢さがあります。

 

 戦後まもなく四半世紀、共産党社会党の推薦で京都大学統計学教授だった蜷川虎三氏が知事を務めた。この知事、知事公舎に住まず教授時代からの借家住まいを続けていたのだそうで、全国知事会への参加は拒むわ、道路建設といった公共事業もよしとしない人物だった。この反中央の府知事を京都人は頑なに支持した。しかしそれと同時に革新系から保守系に転向した高山義三氏を同時に支持し続けたという。なんというバランス感覚と思わないでもありませんが、これにより京都では自民党共産党が二大政党という形になっているのです。今でも特に府議会・市会選挙では自民党共産党の第一党争いで、選挙区によっては共産党候補がトップ当選をしても誰も驚かない。寺院関係者や伝統産業関係者に共産党支持する人がいたり(※共産党が伝統産業保護を重視している為)普段国政選挙や首長選では自民党などに投票しているけど、府議会、市会選では共産党候補に投票する人もいたりする。党の理念に賛同しているのではなく、単なる判官贔屓の類です。立候補している人は別ですが。

京都と海、府なのか市なのか

京都には海がない。こんな言い方をすると時々、海あるでしょ?と言われる事がある。

 だから京都市には海がないと言い直さなければいけない時がある。現代的機能をもった都市に文化遺産が多く共存し、周りは自然に囲まれている。百四十万以上の都市を流れる川で鮎釣りができるのも京都ならでは。京都人は海より川に馴染みが強い。

 

 基本的に京都市民には京都府民という意識が極めて薄い。丹後、丹波地方を京都と言われるとどうしても馴染めない。代々京都の町なかに住み続けてきた者は特に。京都市は上京、下京の市街を行政地域として1889年に誕生した。その後、郡部を吸収合併し11の区からなる政令指定都市で府県並みの行財政権を持つ。今でも住民自治の意識がとても強い都市です。江戸時代の日本の三都と呼ばれた京都、大阪、江戸はそれぞれ都市文化、都市生活があり、別格という意識がありそれが府民意識を弱めているのかもしれません。

 プロフィールに京都府出身と書いていても、京都市のどこかで生まれ育った人なんだなという感じで認識することが多い。京都市とその周辺の宇治や亀岡、長岡京はともかく、それ以外で生まれ育った人に会うとなんかレアだなと思ったりもします。さて、海の話に戻すと、京都人は海に密かに憧れをもっている人が多い。昔は丹後や若狭の海に海水浴に出かけるときは泊りがけで行くのも珍しくありませんでした。私自身、海というのは今でも遠い存在なのです。